秋葉原駅すぐ 台東区浅草橋の歯科医院 浅草橋デンタルクリニック 一般歯科・審美歯科・ホワイトニング・予防歯科・インプラント・レーザー治療


東京都台東区浅草橋5-2-2 浅草橋ハイツ302

        土曜日・日曜日・祝日

        9:30-13:00 14:00-19:00

お問い合わせ

トップページドクター紹介スタッフ紹介院長のひとり言歯科衛生士のお話地図・アクセス

診療案内
一般歯科
審美歯科
ホワイトニング
予防歯科
インプラント
レーザー治療


歯科衛生士へのご質問

スタッフ募集

ネット予約




歯科衛生士のお話


 メニューに戻る

 片方で咬んではいけないの?

少し前からテレビ雑誌等で、”片側で物を咬んでいてはいけない、左右両方を使って咬むようにしましょう”という事を耳にしますが、本当でしょうか?答えはNoです。
そもそも咀しゃく(よくかみくだくこと)は普通無意識下で行われるもので、右で5回咬んで次は左で5回という風に意識をして食事をしている人はいないでしょう。咀しゃく自体、その人の体、骨格、食べる時の姿勢などの様々な要因の影響を受けて決まってくるものです。
体が左右対称の人がいますか?歯並びが対称の人もいますか?咬み合わせが左右対称の人もいませんよね。その人の個性にあったかたちでの自然な咀しゃくが大事で、歯、歯間、あごの骨の組織をこわさないという事です。なのでほとんどの人が習慣性主咀しゃく側という“ききあご”があるのです。
痛い歯がある、抜いたままの歯がある、物がはさまる、治療中の歯がある…etcなどの不都合があって、そこをさけて反対側で咬む。この片咬みは当然ダメです。でも何の不自由もないけど気がつくといつも左で咬んでるなぁーとか無意識に右で咬んいることが多いなぁーというのはOKなのです。変えてはいけないのです。
少なくとも意識をして両咬みにする必要はないのです。


 前の記事へ
 メニューに戻る
 次の記事へ


お問い合わせ
東京都台東区浅草橋5-2-2 浅草橋ハイツ302


土曜日・日曜日・祝日

9:30-13:00 14:00-19:00
トップページドクター紹介スタッフ紹介院長のひとり言歯科衛生士のお話地図・アクセス
Copyright (C) Asakusabashi Dental Clinic All Rights Reserved