秋葉原駅すぐ 台東区浅草橋の歯科医院 浅草橋デンタルクリニック 一般歯科・審美歯科・ホワイトニング・予防歯科・インプラント・レーザー治療


東京都台東区浅草橋5-2-2 浅草橋ハイツ302

        土曜日・日曜日・祝日

        9:30-13:00 14:00-19:00

お問い合わせ

トップページドクター紹介スタッフ紹介院長のひとり言歯科衛生士のお話地図・アクセス

診療案内
一般歯科
審美歯科
ホワイトニング
予防歯科
インプラント
レーザー治療


歯科衛生士へのご質問

スタッフ募集

ネット予約




院長のひとり言


 ・院長のひとり言 第40回 【うつむき注意!!】NEW!!
 ・院長のひとり言 第39回 【歯はすり減る】
 ・院長のひとり言 第38回 【歯は動く】
 ・院長のひとり言 第37回 【歯科治療で出来る事、出来ない事】
 ・院長のひとり言 第36回 【生活習慣の個人差】
 ・院長のひとり言 第35回 【予防 再考6】
 ・院長のひとり言 第34回 【予防 再考5】
 ・院長のひとり言 第33回 【予防 再考4】
 ・院長のひとり言 第32回 【予防 再考3】
 ・院長のひとり言 第31回 【予防 再考2】
 ・院長のひとり言 第30回 【予防 再考】
 ・院長のひとり言 第29回 【歯科の診断2】
 ・院長のひとり言 第28回 【歯科の診断?】
 ・院長のひとり言 第27回 【TCH?】
 ・院長のひとり言 第26回 【虫歯って・・・】
 ・院長のひとり言 第25回 【歯医者に行ってみよう】
 ・院長のひとり言 第24回 【コミュニケーション】
 ・院長のひとり言 第23回 【歯の形?】
 ・院長のひとり言 第22回 【歯に使う材料(つめ物、かぶせ物)について】
 ・院長のひとり言 第21回 【歯科治療費】
 ・院長のひとり言 第20回 【何を信じる?】
 ・院長のひとり言 第19回 【<便利と楽>の副作用】
 ・院長のひとり言 第18回 【歯を抜いたままでいいの?】
 ・院長のひとり言 第17回 【対症療法と原因除去療法】
 ・院長のひとり言 第16回 【インプラントか入れ歯か?】
 ・院長のひとり言 第15回 【日本人の正しい歯の使い方】
 ・院長のひとり言 第14回 【体温の低くなる生活とは、どういうことでしょう?】
 ・院長のひとり言 第13回 【体温の低い人ほど、病気になるわけ】
 ・院長のひとり言 第12回 【旬のものを食べ、その地のものを食べる生活習慣だと元気でいられるわけ】
 ・院長のひとり言 第11回 【白いごはんを日本人がおいしいと感じるわけ】
 ・院長のひとり言 第10回 【治療回数について】
 ・院長のひとり言 第9回 【 自由診療(自費診療)と保険診療 <<歯科>>】
 ・院長のひとり言 第8回 【 予防について考えるB 】
 ・院長のひとり言 第7回 【 予防について考えるA 】
 ・院長のひとり言 第6回 【 予防について考える@ 】
 ・院長のひとり言 第5回 【 硬い物をどんどん食べた方がいいの? 】
 ・院長のひとり言 第4回 【 詰めた歯、かぶせた歯がとれる<脱離> 】
 ・院長のひとり言 第3回 【 片方で咬んではいけないの? 】
 ・院長のひとり言 第2回 【 一度治した歯が何故またこわれるの? 】
 ・院長のひとり言 第1回 【 歯磨きで虫歯、歯周病は予防出来るの? 】

 うつむき注意!!

2016/4/21 更新 NEW!!
 以前に虫歯予防や歯周病予防について、生活習慣が大きく関わっていると書きました。
日本においてのライフスタイルを昔の時代からたどってみると、終戦以降に大きな変化が訪れた気がします。様々な生活習慣の欧米化と言いますか、住環境の変化でそれまでの和室で畳に卓袱台で正座をして、お茶碗をもって、正面を向いて、お行儀よくご飯を食べていた昔と 洋室で椅子に座って、テーブルで、食器は持たず、テレビを見ながら、新聞を読みながら、横や下を向きながら、お行儀悪く、パンを食べている現代と随分と習慣が変わってしまいました。(笑)このように毎日の食事において、うつむき姿勢が多くなりました。(首が前傾している状態)

 それから毎日する事としてテレビを見る、このときの姿勢はどうでしょう?ソファーに浅く座って首が前傾した状態でみていませんか?新聞を読む時は、下をむき続けていませんか?本 雑誌を読む時はどうでしょう、仕事中パソコンしている時は?電車通勤で座って寝ていませんか?あと今大問題なのはスマホ 毎日 相当な時間使っていると思われますが、うつむいて使っていますよね?最後に夜寝るときは高い枕で寝ていませんか?このように毎日の生活の中で下を向いている時間  うつむき続けている時間が長いですね。

 人の骨格は横から見るとS字に弯曲していて上の首から下の腰まで前弯、後弯、前弯となっています。そこで うつむく   下を向く姿勢(首の前傾)を続けることで本来前弯しているべき首の骨(頸椎)の弯曲がとれてしまい 俗にいうストレートネックになってしまいます。そうすると首の骨の両脇に走っている血管と神経も影響を受けてしまうわけです。私が所属する研修会では首ストレスと呼んでいて、それが原因で血液循環障害を起こしてしまっているケースがものすごくたくさん見られます。もちろんうつむき姿勢(首の前傾)だけで首ストレスを生じるわけではありませんが、歯周病の患者さんにおいて首ストレスが一因になっています。さらに脳血管障害の一因にもなる恐れがありますから、毎日の生活習慣において 首を前傾し続けないように最大限 気をつけていただきたいと思います。

↑ページ上に戻る


お問い合わせ
東京都台東区浅草橋5-2-2 浅草橋ハイツ302


土曜日・日曜日・祝日

9:30-13:00 14:00-19:00
トップページドクター紹介スタッフ紹介院長のひとり言歯科衛生士のお話地図・アクセス
Copyright (C) Asakusabashi Dental Clinic All Rights Reserved